えむしーライフ

Just another MC life

【2014年6月19日(木)放送分より】

 

株式会社ピアックス 代表取締役 小原敏夫さん、磐田信用金庫 営業統括部 地域支援グループ長代理 川上恵介さんのお二人をスタジオに。
『いわしん・がんばる起業応援ネットワーク ビジネス・コンテスト』のご案内をいただきました。

今年で13回めを迎えるビジネスコンテスト。磐田信用金庫さんはじめ地元の大学、企業、自治体の産学連携ネットワークのもと、地域の新規創業や独創的な技術・構想を支援していこうという試みです。

新規創業を目指す個人やグループが対象の「A部門」、既存事業者による新分野への進出や新商品の開発が対象の「B部門」、そして学生さんが対象の「C部門」の3部門に分かれています。

単なるアイデアコンテストではなく、現実に事業化することを前提としたプランが対象のコンテストです。
したがって、具体的な事業計画や資金計画がある程度固まっているプランであること。そして、継続的に支援していくことが前提ですから、県西部エリアを拠点にする事業であることが条件です。(ただし、学生さん対象のC部門にはこの制限がありません)

すでに4月から募集が始まっています。締切後は書類選考から1次審査、2次審査を経て、およそ150人の来場者の前でのプレゼンテーションと質疑応答による最終選考会によって、賞金100万円の最優秀賞、50万円の優秀賞、その他奨励賞や特別賞などが授与されます。

前回の最優秀賞を受賞されたのが、ピアックスさんの「ピアノ鏡面塗装技術を活用したピアノボードの開発」

県西部ならでは、高級ピアノに塗装される「鏡面仕上げ」の高い技術をベースに、写真や紙、布などを木板に貼り、鏡面塗装加工したパネルが「ピアノボード」です。

140619_03実物をスタジオにお持ちいただきましたが、まさに高級ピアノのような重厚感、硬質でありながらしっとりした深みがあり、まるで鏡のように姿が映り込む鏡面仕上げ。

いわゆるピアノブラックのボードに、紅葉の落ち葉や写真などが塗り込められて一体となっていて、とても素敵です。

グランドピアノの蓋の形のボードに、ピアノ発表会の写真が組み込まれているフォトパネルなども記念品に最適ですね。

自社の技術・能力を見直す良いきっかけになった、そして、小さな会社でもやれるんだという希望が湧き、新たな技術を高めていこうと思うようになりました、とおっしゃる小原さん。また、受賞をきっかけに来訪者が増えて社内が活気づいたそう。

基礎技術があればアイデア次第でいろんな面白いことができる、規模の大小にかかわらず、ぜひ積極的な参加を、と呼びかけてくださいました。

応募の締め切りは7月31日、まだじゅうぶん間に合います。

募集要項は公式サイト をご覧ください。申込書のダウンロードもできます。また、申込書作成のアドバイスもしていただけますよ。
お問い合わせは磐田信用金庫各支店の窓口、または事務局 0538-32-5115 まで!

[スポンサード リンク]

ページ上部に