えむしーライフ

Just another MC life

【2015年8月20日(木)放送分より】

 

このコーナーでは、独身専用カルチャースクール「みがくらぶ」代表・平池俊介さんとともに、結婚や仕事、人間関係など人生の様々な悩みを解決し、理想のライフスタイルに近付く方法を考えていきます。

今回の相談テーマは「初デートはどう進めればいいですか?」

これまで、出会って→連絡先交換して→何度かやり取りして→二人で会うことに、という場面まで進んできましたが、そのあとが続かない…。

デートすることになったのですから、印象は決して悪くなかったはず、なのに1回で終わってしまうのはなぜか?

まず考えるべきは「初デートの目的」です。「好きになってもらいたい」とか「すごいと思ってもらいたい」とか、初回からいきなりなんて無理。

まずは素の自分を知ってもらい、相手を知り、そして次につなげること、これこそが目的なんです。一気に印象を上げる必要はありません。

であるならば、これまで考えてきたことが生かせるはず。

以前のテーマ「“また会いたい”と初対面で思ってもらうには?」では「減点を最小限に抑えて、小さな点数を積み上げる」ことを考えました。

そのために「自分が」ではなくて「相手が楽しんでくれたらいい」と考えることでしたよね。

相手に楽しんでもらおうと思ったら、気持ちの良い挨拶、相槌や頷き、笑顔は当たり前。ちょっとした気配りも自然とできるようになるはずです。

また「初対面でうまく会話が続きません」では相手の話を聞こうとする姿勢が大切、「相手の話は無限大」と考えました。そこで必要になるのが「オープンクエスチョン」。

はい、いいえでは答えられない質問のことでしたね。いきなり使いこなすのは難しいので練習が必要です(5W1Hを使うと楽ですよ)。

無理をして、行き慣れていない場所や、普段していない行動をチョイスするのは失敗のもと。

印象は悪くないのですから、等身大の自分で、相手に楽しんでもらいたいという気持ちで、相手の話を聞こうとする姿勢で会えれば、次につながる確率はかなり高くなるんです。

男性であっても女性であっても、自分の話2~3割、相手の話7~8割ぐらいの意識でちょうどいいのではないでしょうか、と平池さん。

相手視点に立ち、相手のことを考え、興味を持って話を聞くこと。これは恋愛にかぎらず、人生全般、仕事や人間関係を円滑にする上で、とても重要なことですね。

今日のまとめ
『初デートの目的は「次につなげること」』
『そのためには減点にならない程度で十分』
『等身大の自分で、相手に楽しんでもらいたいという気持ちで会う』
をぜひ活用してください!

[スポンサード リンク]

ページ上部に