えむしーライフ

Just another MC life

 

一時は鳴りを潜めていたかに思えた(迷惑メールフォルダにも見当たらなかったし)のですが、またぞろ届くようになった、三菱東京UFJ銀行を騙るフィッシングメール。

以前は、タイトルなどが「東京三菱UFJ銀行」となっていて、そんな銀行あるかい!だったのですが、今回のはちゃんと本物の行名になってるあたり、進化しているかのように見えます。でも本文が

**********************************************************
         三菱東京UFJ銀行Eメール配信サービス
**********************************************************

2014年「三菱東京UFJ銀行」のシステムセキュリティのアップグレードのため、貴様のアカウントの利用中止を避けるために、検証する必要があります。

以下のページより登録を続けてください。

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001 ――

Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――

と、お客を「貴様」呼ばわりするオマヌケぶりを発揮しております。
(ちなみに、Copyrightのとこ、いまだに「Tokyo-Mitsubishi UFJ」になってますな)

でもぱっと見には気づきにくいかもだし、誘導先のurlが「bk.mufg.jp」なんてなってるし、MUFGにメールアドレスなんて登録してたっけ?というかたも、ついついアクセスしてしまうかも…。

 urlを踏んだ先もかなり巧妙に作られていて、パスワードなど入力してしまうと大変なことになります。

差出人のメアドをしっかり確認する、というのも防御方法の一つ。

今どきのメールソフトは、親切心からでしょうけれど「ニックネーム」だけ表示して、本来のアドレスを隠してしまうの、ホントはよくないんじゃないかとこういうメールを見るたびに思います。

この詐欺メールも、ニックネームは「三菱東京UFJ銀行」ですが、差出人は
「angry87945@yahoo.com.tw」
となっており、ここを見れば、三菱東京UFJ銀行がヤフーメール使うわけないじゃん!と、すぐわかります。

しかもこれ、台湾ヤフーのだし(この他、香港ヤフー ****@yahoo.com.hk が使われていることもあるようです)、そのうえangryだなんて、なに怒ってんのあんた、て感じです(まさか、メアドをよく見たら口をあんぐり、なんてダジャレじゃあるまいな)。

とにかく、気をつけましょう!!!


ページ上部に