えむしーライフ

Just another MC life

【2014年1月9日(木)放送分より】

 

静岡市の小学3年生から六年生がお茶の入れ方などを競う「T-1グランプリ(静岡市茶業振興協議会主催)」が、2月8日の午後1時半から、JAしみず本店で開催されます。

この「T-1グランプリ」は、昨年の夏以降だけでも、菊川、島田、金谷など県内各地で開催されており、とくに掛川や富士では5度の開催を重ねてきています。この静岡市大会は三年連続の開催です。

どんな内容かといいますと、
◎お茶の◯×クイズ
◎◯×クイズあて
◎お茶の入れ方実技
という三種目の競技を行ないます(これを「3つの茶レンジ」といいます)。

そして上位に残った数人による決勝で、あらためてお茶の入れ方を競い、「日本茶の茶ンピオン」を目指すというもの。

クイズはあらかじめ配布されるテキストから出題されるので予習が可能、そして入れ方はそれぞれの家庭で練習してもらい、それによって家族の団らんを増やす効果も狙っているのだそうです。

美味しい日本茶のことをもっと学び、よく知ってもらい、かつ、家族団らんにもつなげていこうイベント、いいですよね。

じつはこれ、宮崎県都城市が発祥。

都城茶という、これは山茶に属するのでしょうか、特産のお茶があるんですね。この地が宇治に地形が似ていることから栽培が広まったのだそうですが、この都城の若手茶業者のかたがたが、もっと消費につながる仕掛けを作りたい、それも、あくまで消費者目線で、参加型のイベントにしたい、と企画して立ち上げたのが2007年のこと。

このイベントの成功後、全国から問合せが寄せられるようになり、各地のお茶どころで開催されるようになっているのだそうです。

今回の情報は静岡市のものですが、こちら県西部でも、今年もきっと何箇所かで開催されるものと思います。

いずれは全国大会を!という「T-1グランプリ」。
さらなる広がりが楽しみですね!

[スポンサード リンク]

ページ上部に