えむしーライフ

Just another MC life

【2015年7月16日(木)放送分より】

 

わおんぷろじぇくと代表・東 督克(ひがし・まさよし)さんをスタジオにお迎えしました。
2011年に起きた東日本大震災。
その後の東北を「音楽を通して応援する」活動を続けているプロジェクトです。

震災の直後から、募金やチャリティーコンサートなどの活動を始めていた東さん。
「もっと有意義な応援の形はないだろうか?」と考えるようになり、音楽講師のネットワークを通して聞いた「楽器が無いんです」との言葉がぷろじぇくと発足のきっかけ。

「音楽の街、楽器の街 浜松」だからこそできる支援スタイルとして、2011年10月より活動を開始。

◎浜松市を中心に一般の方やミュージシャンの方から楽器を提供してもらい、東北のNPO、施設、学校へ直接届けること
◎メンテナンスや音楽イベントなど音楽に関する義援金「義音金」を贈ること

を活動の骨子としてきました。

楽器を失い練習ができなくなってしまっていた方たちは無論のこと、これを機に楽器を始めたという方もいらっしゃるそう。

あるいは、学校ごと流されてしまった石巻市の中学校で、先生と生徒のコミュニケーションのため軽音楽部を創設したいとのと相談を受け、必要な楽器機材一式を届けたことも。
そのおよそ半年後に文化祭があり、軽音楽部の演奏も実現。感動的だったそうですよ。

現在では、楽器については需要が落ちいたということで楽器の募集はいったん終了しており、義音金を集めて交流に活用していくことがメインになっています。

そんな、わおんぷろじぇくと最大のイベントとも言えるコンサートの開催がこの9月に迫っています。

『閃雷(せんらい) 生誕10周年ツアー2015 in浜松〜僕らがあなたの希望の音になる〜』と銘打たれたこのコンサート。

「閃雷」は、復興支援活動にも力を入れてきた和楽器演奏家のみなさんが集結、多彩な和太鼓、三味線、笛など、さまざまな和楽器を操りながら、現代風のテイストをおおいに盛り込んだ新たな邦楽を表現している新世代邦楽ユニットです。

震災瓦礫から作られた大太鼓「希望の鼓(※リンクはGoogle画像検索結果)」とともに浜松にやってくる「閃雷」を迎えるのは、地元の音楽講師が集った「チームわおんぷろじぇくと」のみなさん。
そして、磐田南高校吹奏楽部、開誠館中学校・高等学校軽音楽部のみなさんが歌で参加します。
素敵なコンサートになりますね!

詳細情報は以下のとおりです。

◎日時:9月21日(月・敬老の日)、16時30分開場/17時00分開演
◎会場:浜松市福祉交流センター
◎チケット:【前売】一般2,500円/高校生以下1,000円【当日】一般3,000円/高校生以下1,500円
◎チケットのお申し込みは県浜松市東区半田山の「Jazz in “B♭”」(TEL&FAX 053-435-5644)まで。

コンサート自体やぷろじぇくとの活動へのお問い合わせはわおんぷろじぇくと公式サイトからどうぞ!

[スポンサード リンク]

ページ上部に