えむしーライフ

Just another MC life

【2014年2月20日(木)放送分より】

さて、アルゴ座にまつわる物語。
アルゴ、というのはギリシャ神話に登場する船の名前です。

ギリシャ中ほどにあったイオルコスという国にイアーソンという王子がいました。
父親である王様は、イアーソンが幼い頃、自分の兄弟であるペリアースという人物に王位を奪われてしまいます。
イアーソンの身を案じた王様は、彼をケンタウルスの賢者ケイロンに託しました。ケイロンの元で成長したイアーソンは立派な若者になりまして、父親が奪われた王位を取り戻すべく国に戻りました。

ところが、王位を手放したくないペリアースは一つの条件を出します。
それは、遙か海の彼方、コルキスの国で、決して眠らない竜に守られているいう、伝説の黄金の羊の毛皮を持ってくること、でした。
この毛皮は、牡羊座の物語になった、空を飛ぶ金色の羊の毛皮です。

イアーソンはこの条件をクリアするため、腕ききの船大工アルゴスに依頼して船を建造します。50人乗りという、当時としては桁外れの巨大な船です。
船大工の名前を取って『アルゴ号』と名付けられたこの船が完成すると、イアーソンは、ともに冒険に旅立ってくれる仲間を募ります。

それに答えて集まったのが、英雄ヘラクレス、双子座になったカストルとポルックスの兄弟、ミノタウロス退治の英雄テセウス、こと座の詩人オルフェウス、蛇つかい座の名医アスクレピオス、などなど、そうそうたる顔触れ。

総勢50人の知恵と勇気にあふれる勇士たちは意気揚々とコルキスにむけて旅立ちます。様々な困難な冒険を経て、アルゴ号はコルキスにたどり着きます。

たどり着いたものの、コルキスの王様は、黄金の毛皮をやすやすと渡すつもりはまったくありません。逆に罠にはめようとします。
「どうしても毛皮が欲しいと言うなら、私の厩には、軍神アレスより授かった、火を吐く牡牛がいる。明日、その牡牛をつかって土地を耕して見せろ。そして、そこへ竜の牙を蒔いて見せろ。それができたなら、毛皮を渡してやろう」というんです。

竜の牙には不思議な力があり、大地に蒔くとたちまち剣を持った戦士がうまれてくるんです。イアーソンはこの無理難題に挑まなくてはなりません。

さてコルキスの王様には、メデイアという魔法を操る王女がいまして、彼女は宮殿を訪れたイアーソンを一目見て恋に落ちます。
その夜、メデイアは密かにイアーソンのもとを訪れて、こう言います。「あなたをお助けします。そのかわりわたしと結婚してください」。

イアーソンが承知すると、メデイアは彼に魔法をかけて、1日だけ火にも剣にも傷つかない身体にしました。その魔法のおかげで、イアーソンは牡牛の吐く炎にひるむことなく土地を耕し、そこに蒔いた竜の牙から現れてきた戦士達をすべて打ち倒すことができたのでした。

さらにメデイアはイアーソンを毛皮のある場所に案内します。毛皮は決して眠らない竜によって守られていたんですが、メデイアが魔法の薬を振りかけると、竜はたちまち眠りこんでしまいました。

こうしてイアーソンは黄金の毛皮を手に入れて、アルゴ号はメデイアを連れて帰路に着きます。

毛皮が盗まれたことを知った王様は、すぐさま追っ手の船を差し向けました。
これに対してメデイアは、なんとも凄まじい手を打つんです。

メデイアはアルゴ号に幼い弟を一緒に連れてきていたんですが、なんと、その自分の弟を無残にも八つ裂きにして、その体を海にばらまいたんです。
追っ手の船が王子の体を拾い集めている間にアルゴ号は脱出に成功します。

さて、黄金の毛皮を持ち帰ったイアーソンでしたが、ペリアースは王位を返そうとしません。そこでまたメデイアが動きます。

メデイアは、ペリアースの娘たちに嘘の若返りの魔法を教えるんです。娘たちは父を若返らそうとして、教えられたとおりにペリアースを大釜で煮て殺してしまいました。

こうしたこともあって、メデイアの魔法の力は国民から恐れられるようになっていきます。イアーソンは王位を継ぐどころか、国にいられなくなってしまい、コリントスの国に逃れます。

コリントスの王様はイアーソンを歓迎しまして、しばし平穏な暮らしがつづいたんですけれども、やがてその人柄を気に入った王様が王女との結婚話を持ちかけます。
イアーソンは、メデイアとの間に子供もできていたんですが、彼女の凄まじいやり口を次第に厭うようになっていたものですから、これに応じてしまうんです。

この裏切りをメデイアは許しませんでした。彼女はこっそり、王女に純白のドレスを贈ります。
婚礼の日、王女がそのドレスを身につけると、ドレスはたちまち炎を吹き上げました。炎は、王女を助けようとした王様もろとも包みこんで、焼き尽くしてしまったのです。
そしてメデイアはいずこともなく姿を消しました。

コリントスにもいられなくなり、すべてを失ったイアーソンは、あてどなく放浪を続けました。
最後にたどりついたのは、アルゴ号が引き上げられている、ふるさとの浜辺。
見る影もなく朽ち果ててしまったアルゴ号をみて、イアーソンの目から涙があふれます。そのとき、船のへさきが突然崩れて、イアーソンは下敷きになってしまいます。
こうして彼の波瀾に満ちた人生は幕を下ろしたのでした。

天空にかかる巨大な船、アルゴ座。その物語は、人間の知恵と勇気とすばらしい冒険を讚える、その一方で、その裏側にある、人の愛と憎しみ、非情さや残虐さも伝えているんですね。

いかがでしょう。そんなお話を思い浮かべながら、晴れた夜には、星をみあげてみませんか。

Page 1 Page 2

タグ:

ページ上部に