えむしーライフ

Just another MC life

 

昨夜は満月でした。ここ数日は、満月前後の明るい月が空にあります。冬のキリッと澄んだ夜空に輝く月は本当に綺麗ですが、明るい月があるぶん、星座はちょっと探しにくくなります。

そこで今日は、いつもと趣向を変えて、まず「アジアの星物語」という本をご紹介します。

星や星座にまつわる物語といえば、まず思い浮かぶのはやはりギリシャ神話ですよね。このコーナーでもギリシャ神話を中心にお話しています。

じっさい、面白い、魅力的なエピソードがたっぷりです。でも、星や星座にまつわる神話や伝説はギリシャ神話にしかないのか、といったら、もちろん、そんなことはありません。世界中のほとんどあらゆる地域・民族に、さまざまな物語が伝わっています。

これはむしろ当然のことで、世界中、どこからでも夜になれば星は見えます。美しくきらめきながら季節とともに移り変わっていく星々を見上げて、人は様々な思いを託しました。

たとえば皆さんよくご存じ、織り姫と彦星の「七夕伝説」、あれは中国からアジア全般かけて広まっているお話であって、つまり欧米にはない、アジア独自の伝説です。また、月にまつわるお話しとしては例えば「竹取物語」は日本オリジナルの物語です。

ただ、ギリシャ神話の魅力的なエピソードの数々というのは、西洋文化の歴史の中で何度も何度も取り上げられて、アレンジを繰り返されるという作業を経てきた、そのため、物語として文学的に磨き上げられ洗練されてきたという側面があるんです。

それに比べると、世界のその他の地域に伝わる物語は、そこまでは洗練されていないかもしれません。
とはいうものの、それぞれの民族に伝わる星にまつわる神話や伝説は、人々の宇宙への思い、自然との交わりや祈り、人の生き方、そうしたものから紡ぎ出された、ギリシャ神話と全く変わらぬ価値を持った大切なものであることは間違いありません。

そんな世界各地の神話や伝説、なかでも、ぼくたちに馴染み深く関係も深い、アジアのさまざまな地域に伝わる物語の輝きを掘り起こして広めていきたい、そんな思いで作られた一冊の本があるんです。その名は「アジアの星物語」。

この本は国際プロジェクトを基に作られています。
プロジェクトは「世界天文年」に定められた2009年に活動がスタートしました。

国際天文学連合を通じでの呼びかけに賛同した様々な国や地域のみなさん、北から順に、モンゴル、中国、韓国、日本、台湾、ベトナム、インド、ネパール、バングラデシュ、タイ、マレーシア、インドネシア、そして太平洋諸島、この13の国と地域のみなさんがワークショップに参加しました。

このワークショップでは、それぞれの国や地域に伝わる星や宇宙にまつわる神話や伝説が多数報告されました。
これを受けて、全参加地域の代表による「国際編集委員会」が組織され、議論、選択、編集を重ねて、まずいったん、それぞぞれの共通言語たりうる英語版が編集されました。

この英語版をそれぞれの国の言葉に再び訳して、それぞれの国で出版しよう、これが「アジアの星 国際プロジェクト」です。そして、4年前、2014年の2月に、全体のモデルとなる日本語版が出版されています。

この本の内容なんですが、まず、収録された神話・伝説は合計68話。全体が大きくパート1/パート2にわかれています。

パート1は「アジアの人々に愛された星と宇宙の神話・伝説」と題し、それぞれの国や地域で愛されている、または重要と思われる神話・伝説を国や地域ごとに紹介。

パート2は「太陽、月、星、宇宙と人々」と題して、宇宙の創造に始まって、太陽や月、惑星や天の川まで、さまざまな天体ごとに神話・伝説を収録しています。

さらに巻末には、アジア地域の神話/伝説の背景となる「宇宙観」すなわちこの宇宙をどのように解釈するかの考え方をまとめた解説も付属しています。

全体を通した印象としては、生活に密着した星とのかかわりが多く採り上げられていて、民話的で大らかなお話が多いと感じます。
ギリシャ神話に比べるとたしかに荒削りなお話が多いんですが、それがかえって根源的なというかプリミティブな印象も受けます。

さらに、この本では挿絵も重視されていて、それも一人の画家に依頼するのではなくて、それぞれの物語を生んだ国や地域のアーティストに自由に描いてもらうというスタイルを採用しています。
この挿絵がまたじつに魅力的で、それぞれの地域の文化や伝統を感じさせてくれるものになっているんです。

いかがでしょう。なんとも魅力的なプロジェクト、そして実際にできあがった日本語版、これはインターネットの通販で入手できます。ぼくもネット通販で入手しました。ちなに、定価は税抜きで1900円です。

さあそれでは今日は、この本に収録された物語から、いまとっても目立っていて、満月があってもよく見える、オリオン座にまつわるお話をご紹介します。

Page 1 Page 2

ページ上部に