えむしーライフ

Just another MC life

【2014年1月23日(木)放送分より】

 

浜松調理菓子専門学校・河合義則先生に「豚肉のべっこう煮」を教えていだたきました。

寒い季節にうれしい、からだが温まる煮物です。
手軽に作れる、あまり手をかけずにつくる豚の角煮、といったイメージで、冬の美味しい大根と共に仕上げていきます。

材料も手順もとってもシンプル。強いて手間というならば、焼き色をつけるフライパンと煮込んでいくお鍋を別々にする、くらいのもの。
いい色がついてお味がしみた豚肉と大根、そして彩りを添えるほうれん草。あーっもう、あったかくしたお部屋で、熱々のところを冷たいビールでいきたい〜ッ!!

材料
大根 400g
豚バラ肉(ブロック) 200g
サラダ油 大さじ2
濃口醤油 大さじ2〜
砂糖 小さじ2〜
みりん 小さじ2〜
小さじ2〜
適量
赤唐辛子 1本
ほうれん草 適量

作り方

  1. 大根は5cmくらいの長さ、食べやすい太さに切って皮をむく(煮崩れを防ぐため面取りをしてやると良い)。
  2. 豚肉を1.5cmくらいの厚さに切る(肉の繊維をよく見て、繊維が短くなるような方向で切り分ける)。
  3. ほうれん草を、塩を加えた熱湯でさっとゆでで冷水に取り、食べやすい大きさに切っておく。
  4. フライパンにサラダ油を熱し、豚肉を入れて表面にきれいな焼き色がつくよう炒め焼きにする。
  5. 豚肉に色がついたら取り出し、そのままのフライパンに大根を入れ、油が大根に回ったら取り出しておく。
  6. 別の鍋に豚肉と大根を入れ、ひたひたの水を加えて火にかける。煮立ったら火を弱めてアクを取り、5分ほど煮る。
  7. 調味料すべてと、種を取り除いた赤唐辛子を加え、落し蓋をして30〜40分煮込む(落し蓋はアルミホイルなどでも代用可能)。
  8. 大根が柔らかくなりべっこう色に味がしみこんだら、ほうれん草を加えてひと煮立ちさせ、盛り付ける。

なお、あえてすぐにいただかず、いちどそのまま冷ましておき、いただく直前に再度火を通せば、さらに味がしみこんで…(「翌日のカレーはうまい理論」ですな)。
ああっこれもたまりましぇん!

【お知らせ】浜松調理菓子専門学校さんでは2月16日に卒業作品展「食友祭」を開催。卒業していく学生さんが、調理、製菓それぞれの部門で作品を展示します。
また、食堂、喫茶、実演販売(行列ができる人気!)もありますよ。午前10時から午後3時まで。毎年大盛況のイベントです、ぜひ足をお運びください!

[スポンサード リンク]

ページ上部に