えむしーライフ

Just another MC life

【2014年10月9日(木)放送分より】

 

セレネは先ほど言いましたように月光、月の光の象徴でした。
彼女は夜ごと、太陽の姿が西に沈んだあと、東の空に銀の船を浮かべて、静かに夜空をわたっていきます。

じつは、セレネに関する物語も、あまり多くは残ってないんです。
ですがそのなかに、とっても有名なお話があるんです。
それは、羊飼いの青年エンデュミオンとの不思議な愛の物語。

ある晩のこと。夜もだいぶ更けて、セレネの銀の船も天のなかほどにさしかかっていました。

女神はふと船の中から、地上に目を落としました。すると、山の中腹で、たくさんの羊の群に囲まれた美しい青年が、ぐっすり眠っているのが見えました。

その青年は、羊飼いのエンデュミオン。
そのあまりに美しい寝姿に、女神は目が釘付けになってしまいました。
彼女は彼をもっと近くで見ようと、船を下界に近づけます。

もっともっと近くで見たい、と、セレネはとうとう船を地上におろし、さらに、船から下りてしまいます。
セレネはそっと傍らに近寄ると、眠りこむ青年の美しい顔をまじまじと見つめました。その瞬間、セレネは恋に落ちてしまったのです。

エンデュミオンのとりこになったセレネは、つぎの晩も、またつぎの晩も、眠る彼のもとを訪れました。
セレネは眠る青年に口づけを繰り返し、かきいだき、そして、とうとう深い仲になってしまったのです。

そうこうしているうちに月日が過ぎていきます。
人間であるエンデュミオンが、永遠の命を持つ自分とは違って、いずれ年老いて死んでいく存在であることに耐えられなくなったセレネは、全能の神ゼウスの前に進み出て、エンデュミオンの永遠の命を乞い願いました。

その思いにほだされたゼウスは、その願いをかなえてやることにしました。
しかし、永遠の若さと引き換えに、エンデュミオンは永遠に眠ったままとなってしまったのです。

セレネは彼を、現在のトルコのあたりにあったといわれる、ラトモスという山の洞窟に運びました。エンデュミオンはそこで永遠に美しい青年の姿のまま眠り続けることになりました。

セレネは夜ごと、エンデュミオンのもとへ通い続け、彼の夢の中に入り込み、夢の中での逢瀬を続けました。そして、50人の娘をもうけたといわれています。

この、エンデュミオンが永遠の若さと眠りを持つに至ったいきさつについては、今お話したように、セレネがゼウスに頼んで不老不死にしてもらったという説と、もうひとつ、恋しい人とずっと一緒にいたいと願ったセレネ自身が、彼に永遠の眠りをあたえたのだ、という説もあります。

また、エンデュミオン自身についても、眠っているあいだに、つまり知らない間に、そのまま目覚めないようにされた、とう説もあるいっぽうで、セレネにかき口説かれて、「あなたとずっと一緒にいられるのなら」と、みずからすすんで永遠の眠りを受け入れた、ともいいます。

あなたは、どちらだと思いますか?

エンデュミオンはいまも、ラトモスの山の洞窟に眠っているといいます。
そしてセレネの愛は、今も衰えていないんです。
空を行く月がラトモスの山の陰に隠れたら、それは、女神が恋人の元を訪れている証なのだ、と言われています。

さあ、今宵、かの地では月は消えているでしょうか?

永遠に若さをたもったまま眠りつづける恋人を、夜ごとに訪ねる女神、セレネの銀の舟。
いかがでしょう。そんなお話を思い浮かべながら、晴れた夜には、夜空をみあげてみませんか。

Page 1 Page 2
[スポンサード リンク]

ページ上部に