えむしーライフ

Just another MC life

【2013年12月12日(木)放送分より】

 

ミズモト学園 東海調理製菓専門学校 冨永沙希先生に『チキンのパリパリ焼き・サルサベルデ添え』を教えていただきました。

パリッパリが嬉しい、いかにもクリスマス!なチキン料理、さらに、緑色のソースであるサルサベルデを使って、クリスマス風の盛り付けを楽しみます。
フライパンで焼き色を付けたチキンはオーブンで火を通していきますが、ここでほったらかしにせず、時々油をすくってかけてあげる、これがパリパリに仕上げるコツ。

材料
骨付きとりもも肉 3本
タイム、ローズマリーなどお好みのハーブ 適量
【サルサベルデ】
イタリアンパセリ(葉のみ) 20g
にんにく 1/2個
アンチョビ 3本
ケッパー 10g
EXオリーブオイル 130cc
レモン汁 少々
塩・胡椒 適量
【つけ合わせ】
ブロッコリー、にんじん、きのこ

作り方

  1. 骨付きのとりもも肉はハーブと一緒にオリーブオイルに1時間ほど漬け込んでおく。
  2. フライパンにオリーブオイルをいれ、にんにくを炒めて香りを出す。
  3. とりもも肉を漬け込んでおいたハーブとともに入れ、両面きれいに焼き色をつける。(脂が出てきたらキッチンペーパーで吸い取りながら焼いていく)
  4. きれいに焼けたら余分な脂を取り除き、オーブンでさらに焼く。ときどきオーブンを開けて、出てきた脂をスプーンですくって肉にかける。竹串をさして透明な汁が出てくれば、焼き上がり。
  5. サルサベルデの材料をすべて細かくみじん切りにして合え、塩、胡椒、レモン汁で味をととのえる
  6. ブロッコリー、にんじんはさっと塩ゆでしバターでソテーする。きのこも食べやすい大きさに切ってバタソテーする。
  7. さらにとり肉を盛り、ソースをたっぷりかける。にんじんを星形に切ったり、プチトマトなどを添えると、赤と緑のコントラストがクリスマスらしくなります。

また、サルサベルデは材料をあえるだけ、とっても手軽に作れて保存もきく、お肉、お魚、何に使っても美味しいソースです。
なお、アンチョビはペーストのものでもOK、にんにくもチューブでOK。そう考えるとさらに気軽に楽しめますね。ぜひご活用を!

東海調理製菓専門学校さんの研修レストラン「プティ・カザリス」ではクリスマスケーキのご予約承り中!6品目のうちすでに2品が売り切れだそうですよ、お急ぎ下さい!
また、12月は14・15の土日、21〜23の連休も営業。
学生さんたちががんばってます、ぜひご利用下さい!

[スポンサード リンク]

ページ上部に